BLOG

様々な環境で対応力を身につける

DAY36

数十年前、アフリカの代表チームのゴールキーパーが、土のグランドに水を撒いてセービングの練習をしていたのを見たことがあります。

日本は、恵まれているなと当時感じていました。

最近はさらに人工芝が普及され、子供から大人まで良い環境でサッカーができるようになりました。

しかし、、、

ヨーロッパのある有名なサッカークラブでは、育成年代で様々な神経系を発展させる目的で天然芝・人工芝だけのトレーニングだけでなく砂場やコンクリートなどでトレーニングを実施することがあります。

ゴムチップやけがの問題もあることを考えると、育成年代の環境を再考する必要があるかもしれないですね。

とにかく、どんな環境でも好きなサッカーをおもいっきり楽しむことが、一番成長できると思ってます。

どんな環境でもサッカーを楽しめる方、ガウショFCで本気でサッカーやりませんか?

よろしくお願いいたします。

-BLOG

© 2021 GAUCHO FC Powered by AFFINGER5